建築技術性能証明取得のS・P工法 ご依頼から施工までの流れ

S・P工法の流れ

従来の工法では対応できない軟弱地盤や狭小地の地盤改良に大きな力を発揮するS・P工法の施工の流れをご説明します。

STEP1 お問い合わせ

お問い合わせ

S・P工法に関するお問い合わせはお電話やFAX、メールフォームよりお願いいたします。

STEP2 お見積り

お見積り

お問い合わせ後に詳細情報をお伺いし、お見積りをお出しします。当サイトよりお見積りを希望される方は、メールフォームの下部に詳細をご記入の上、送信してください。

※同メールフォームから直接のご依頼も可能です。

STEP3 ご契約

ご契約

お見積り内容にご納得いただけましたら、契約締結となります。

STEP4 ジオテキスタイル敷設

ジオテキスタイル敷設

設計図書に基づき根伐りし、ジオテキスタイル(敷地に合わせ縫製済み)を敷設・固定します。

STEP5 砕石(転圧)

砕石(転圧)

ジオテキスタイルが弛まないよう注意しながら中央部より砕石を敷設します。ユンボ、プレートなどで転圧し、設計図書通りの砕石、厚さレベルを出します。

STEP6 捨てコン打設

捨てコン打設

外周部より捨てコンを打設し、設計図書通りの不陸調整、レベル出しをします。

STEP7 EPS敷設(複層板・ボンド張り)

EPS敷設(複層板・ボンド張り)

割付図に基づき、ジョイント部が重複しないよう外周部からEPS板を専用ボンドで接着し敷設します。外周部EPS敷設完了後、芯墨打ちをし、床盤(耐圧盤)のEPSも敷設します。

STEP8 完了

完了

EPSを敷設して、S・P工法は完了となります。S・P工法による改良工事の後は、以下にあるような基礎工事がはじまります。

STEP9 逆梁・地中梁・鉄骨組

逆梁・地中梁・鉄骨組

逆梁・地中梁・床盤部の配筋・結束を行います。外周部(逆梁部)の型枠、建込み用捨てコン打設を行います。

STEP10 コンクリート打設

コンクリート打設

外周部の型枠建込み(木製・スチール製可)を行い、設計図書通り規定のコンクリート打設を行います。