従来工法では困難だった地盤の改良工事事例 狭小地の場合

なぜ、S・P工法が有効なのでしょうか?
軽量のEPSは手運搬が容易なので、重機の入らない狭小地でも施工が可能だからです!
S・P工法は狭い道路や階段がある道でも対応可能

優れた地盤改良工法はいくつもありますが、その多くは大型の重機が必要です。そのため立地条件によっては対応できないケースがあります。
こちらでご紹介するのはその代表的な例で、狭い道路と階段の先にある土地での住宅建設でした。S・P工法であれば大型機械を搬入する必要はなく、狭小地であっても対応できます。

日当たりや道路づけが悪いような活かしづらい土地でも改良して活用することができるのもS・P工法ならではです。

狭小道路奥の木造3階建住宅

建物概要

木造3階建住宅
土壌汚染案件
建物 木造3階建住宅
建設地 東京都 荒川区
建築面積 33.0m2
延床面積 99.0m2
施工時期 2008年9月
接道 900mm
GL 1.000mm土壌入れ替え
800mmで湧水有り

問題点

敷地
有効幅約1mの狭小道路の奥の住宅建設計画のため、通常の地盤改良に用いる機械の搬入が不可能であり、加えて途中に階段があった。そのため、杭工事、柱状改良工事は施工不可能であった。

提案・結果

ジオ・エンジニアリングのS・P工法を提案し、掘削開始から改良完了まで実工事日数6日間で完了した。

木造3階建住宅
擁壁案件
建設地 神奈川県 横浜市
擁壁 ベース有り
杭、柱状改良が出来ない
木造3階建住宅
埋蔵文化財案件
建設地 東京都 荒川区
接道 1.800mm
GL 600掘削制限有り