支持力アップ  減振・断熱効果、さまざまな土地に対応するS・P工法

S・P工法は財団法人 日本建築総合試験所より、建築技術性能証明を取得済みです。(GBRC性能証明 第07-08号)

S・P工法2つのキーポイント

POINT1 建築技術証明取得済み・特許申請済み。高い安全性と信頼性をお約束します。

POINT2 軽量のEPSを使用するので、狭小地で重機が入らない土地、支持層が深く杭工法ではコストがかかってしまう土地、短期での原状回復が必要な土地、埋蔵文化財があり、掘削制限がある土地などに最適な工法です。

ジオ・エンジニアリング独自の地盤改良工法「S・P工法」を、地盤調査会社様、地盤保証会社様、設計・建設・ハウスメーカー各社様に、ご提案します。

不同沈下(不等沈下)は、店舗・住宅などの建物を脅かす危険で大きな問題です。皆様方の大事なお客様である施主様の生命や財産を守るため、地盤改良工事の工法選定の際に是非ともS・P工法をご検討ください。

こんなケースに最適です

  • 粘性土や軟弱地盤など、圧密沈下が気になる
  • 支持層が深い(8m以上)
  • 宅地内に擁壁の底盤や埋蔵文化財があり、地盤改良が困難
  • 礫・ガラ土層がある
  • 腐植土・藻の堆積層がある
  • 狭小地で工事用重機が入らない
  • コンビニエンスストアなど、短期使用で原状回復義務がある

いろいろな工法

地盤改良には、土壌を汚染しない安全性、地価評価を下げない経済性に優れ、その他さまざまな条件をクリアした工法があります。

  S・P工法 柱状改良工法 表層改良工法 鋼管杭工法
工法 S・P工法 柱状改良工法 表層改良工法 鋼管杭工法
材料 EPS
(発泡スチロール)
セメント系固化材 セメント系固化材 鋼管杭
方法 EPSを敷設する 固化材と土を混ぜる 固化材と土を混ぜる 鋼管杭を打つ
比較 従来の工法では難しかった改良が可能 腐植土があると施工不可 沈下抑制不可 支持層が深いとコストが高くなる

お問い合わせから施工までの流れ

施工実績

S・P工法で地盤をがっちりと改良した実績を紹介します。

お見積り依頼

悪条件でも施工可能。頼りになるS・P工法にお任せください。
お見積りは右よりどうぞ!